釣り、お魚の話題???

アクセスカウンタ

zoom RSS 環境破壊は進む?

<<   作成日時 : 2006/03/10 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1.海の総合診断表
気象庁では「海の総合診断表」を7日まとめ、過去約100年間に海面の水温が0.5度上昇し、水位も1〜2mm/年上がっているとしている。これは、地球温暖化の影響として表れたと言う。
環境問題の一指標とし、官の政索や漁業などにも活用を想定している。
グリーンライドの氷河流出時に発表された水位上昇率と、今回のに差があるのが不思議だ^^;
こんな報告もある。イギリス気象庁は気候変動は国連や他の発表より深刻だとしている。
今まであまり触れられていなかった南極の氷床の崩壊を警告し、これは北半球のそれらとは異なり、海面上昇が数年でm単位で大幅に起こるとしている。
いずれも大気中のCO2増加が主原因とされているが、もっとも消極的なのが、最も排出の多いアメリカというのがなんともアメリカらしい。
いいのかこれで!

2.これも温暖化?
北海道のオホーツク沿岸に押寄せる流氷を楽しむ「氷砕氷船」は有名だが、今年は一般船の航行が可能となる海明けが先月15日で、観光客のキャンセルが約200件出て、業者は困惑している。
海明けは例年より約一ヶ月も早いと言い、こんな事は記憶にないと小樽の第一管区海上保安本部は説明。
札幌管区気象台では、主な原因は当海域に2月に吹いた西風が流氷を接岸し難くしたと言われている。

3.海が栄養過多に?
国連環境計画(UNEP)が6日明らかにした15指標の中身は11が悪化の傾向だとしている。
地球規模での人為的原因により、多くの生物の生息環境変化が懸念されている。例えば海の中では大型の生物(魚)が減ったり、熱帯林の伐採はその水域の淡水魚の絶滅を促し、また反対に農業で使用される肥料が海に流入することで、含有窒素量が増え富栄養化されると、それに適応した生物の異常な繁殖も起こると言われる。環境が変化することで、普段そこに生息しないはずの外来種も急増すると言う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
環境破壊は進む? 釣り、お魚の話題???/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる